求人の選び方を開設するサイト

「花屋スタッフ」はここを見て選ぼう|求人の選び方を解説

最新トピックス

「ピッキング作業」についてまずしろう。 どんな仕事があるのか。 ピッキングは、物流系の職場である倉庫で作業が行われます。トラックで運ばれてきた商品を指定された場所で保管します。その保管した場所から必要な商品をピックアップ …

「花屋スタッフ」はここを見て選ぼう

「花屋スタッフ」についてまずしろう。

花屋のスタッフは、花の仕入れから管理、アレンジ、販売まで、すべてを担当します。雇用形態によっては、仕入れや管理は店長が行うお店もあります。

どんな仕事があるのか。

一番ウエイトを占めているのは、花の管理です。花の水替えをしたり、栄養剤を入れたりして、花を常に新鮮に保ちます。次に商品の陳列やフラワーアレンジメントです。お花は、単品で売る場合と、アレンジしたものを売る場合、また要望と予算に合わせてオリジナルでアレンジする場合があります。

どんな人がこの仕事をしているのか

やっぱり花が好きな人がこの仕事に向いています。花に囲まれているだけで幸せな気持ちになれるでしょう。あとは、意外と体力がいる仕事です。花と水を入れたバケツは、結構な重さがあります。体力に自信がないとこの仕事は務まりません。

この仕事にはこうした求人のことばが多くある。それについて解説しよう。

業界用語かどうかはわかりませんか、よく使うのはオアシスです。花をアレンジするための土台になる吸水フォームで、花屋にとっては欠かせません。花瓶に水を張り、オアシスを入れて、花をアレンジしていきます。花をしっかりと固定してくれ、花を長持ちさせてくれます。

ブラック企業につかないためにどうすればいいのかを解説していく。

仕事の内容をしっかりと聞いておくことが大事でしょう。仕事の内容があまりにも多く、勤務時間内に到底できそうにない場合は、残業覚悟で入社しなければなりません。具体的に詳しく聞いておけば、ブラックでは?と疑問に思うこともあるかもしれません。

最後に、この花屋スタッフを目指すあなたへ

花に対して愛情を持って接することが一番大事だと思います。仕事として花を扱っていると、だんだん雑になってしまうことがあります。同じ花が大量にあると、大事にするという感覚がなくなってくることがあります。花は商品です。一つひとつ大切に扱わなければいけません。花屋スタッフを目指す方は、花への愛情を忘れずに頑張ってほしいと思います。

この記事の関連情報をご紹介

  • 「ピッキング作業」についてまずしろう。 どんな仕事があるのか。 ピッキングは、物流系の職場である倉庫で作業が行われます。トラックで運ばれてきた商品を指定された場所で保管します。その保管した場所から必要な商品をピックアップ …

  • adminが吠える!!

    IT企業はここを見て選ぼう

    IT企業についてまずしろう。 どんな仕事があるのか。 主に、プログラマーやシステムエンジニアなどの仕事が多いと思われがちですが、デザイナーも時にこの仕事に分類されることが有ります。というのもデザインの中でもWEBデザイン …

  • 「オフィスワーク系」についてまずしろう。 どんな仕事があるのか。 オフィスワークの仕事というのは幅広くあります。営業、事務、事務の中でも経理、会計または翻訳などの仕事も幅広くある中に入ります。そして今回はその中から営業を …

  • 「営業」についてまずしろう。 どんな仕事があるのか。 営業の仕事は本当におくが深いと言われています。営業は、販売営業や飛び込み営業の様に種類はいくらでもあります。営業とは、字の如く「営業」とは、営む行為のことなのです。そ …

  • 「翻訳」についてまずしろう。 どんな仕事があるのか。 この翻訳という仕事をするにあたって絶対にしなければいけないことがあります。それは、語学のプロにならなければいけないということです。翻訳の仕事で多くの人が知っている仕事 …

Copyright c 2018 求人の選び方を解説. All Rights Reserved.